総合商社への転職はこれがコツ

総合商社への転職は経歴を活かすことがコツになる


リクルートエージェント


総合商社への転職はこれがコツ

毎年就職先の企業の人気ランキングが発表されます。自動車、電化製品、化粧品などのメーカーも人気がありますが、以前も今も人気を維持しているのが総合商社です。○○商事という会社が常にランクインしています。それだけ総合商社は人気があるのですね。総合商社とは何をする会社でしょうか。多くの商品を国内外の会社と取引をするのが商社です。商社は国内、国外企業や商店との貿易を行う会社で、衣料品や食料品など専門分野だけを扱う商社もありますが、総合商社は多くの商品を扱います。

総合商社での仕事は海外の会社への営業や交渉などが多くなります。売れそうな物を見つけてきて、それを買いたい人(会社)に売りに行く、その仲介をするというのが商社の仕事というとわかりやすいでしょうか。そのため総合商社に勤める人は、世界各地に行って市場を調査し交渉をしています。常に忙しくされているようですね。やりがいがあるし、高収入が得られる仕事でもあります。

総合商社は新卒の学生に人気があり、競争率が激しいのが現実です。しかし、転職する場合は意外と求人があるのですよ。たとえば建築資材を扱う部門では一級建築士を募集することがあります。必要な建築資材の知識が欲しいからだそうです。そういう感じである分野の開拓に力を入れている場合は、その業界での経験者を優遇することがあります。そういう時は絶好のチャンスですね。

しかし、いつどんなタイミングでどの業界の経験者を募集しているか、わかりません。そこで転職サイトにエントリーすることをおすすめします。転職サイトではいろいろな業界に分けて求人を掲載しています。またその業界の就職事情に詳しい人がキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントとしてついてくれますので、最新の情報や自分に合った情報を逃すことなくゲットできます。

総合商社は高収入が期待できる職種ですが、現場では競争が激しく24時間働くビジネスマンの典型のような部分もあるそうです。能力以外に体力や精神力も必要になるでしょう。また国内だけでなく世界各国への転勤の可能性もあります。転勤に抵抗がない人の方がおすすめです。総合商社に転職するには、仕事内容をよく把握して自分の強みをどう活かすかを考えるといいでしょう。それから転職サイトの担当者と一緒に作戦を立てるのが、コツになります。